九州大学 エネルギー研究教育機構

お問い合わせ
EN / JP

九州大学エネルギーウィーク2021の公式サイトを公開しました

九州大学エネルギーウィーク2021の公式サイトを公開しました

 

The official website of Kyushu University Energy Week 2021 is now available

 

 

 

 

経済同友会が発表した政策提言に本機構/分山達也准教授の研究成果の一部が取り入れられました

本機構の分⼭達也准教授が経済同友会(2019年度 環境・資源エネルギー委員会)にて研究成果を紹介し、
その内容の一部が「2030年再⽣可能エネルギーの電源構成⽐率 を40%へ – その達成への道筋と課題の克服 – 」
とした政策提⾔にまとめられました。

本機構は、低炭素・再生可能なエネルギー社会の実現に向けて、研究成果の発信に努めてまいります

 

経済同友会 Webサイト 政策提言

https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2020/200729a.html

(参考)SankeiBizより 経済同友会が再生エネ比率を提言、2030年に40%へ

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200729/mca2007291726008-n1.htm

(参考)本機構教員の研究成果

” Renewables integration grid study for the 2030 Japanese power system”

https://digital-library.theiet.org/content/journals/10.1049/iet-rpg.2019.0711

令和2年度 エネルギー研究教育機構 博士課程学生支援プログラム 採択結果について

本プログラムは、未来エネルギー研究の若手登竜門として、未来のエネルギー研究を担う博士課程学生の支援・育成・発掘を目的とするものです。
「エネルギー」に係る人文社会科学から自然科学までのすべての分野を対象として全学での公募を行い、厳正なる審査の結果、採択結果は下記の通りとなりました。

金賞1名、銀賞2名、銅賞4名、奨励賞20名    褒章(募集要領に基づく研究経費を支援)

 

          金賞  経済学府              中石 知晃

        銀賞    工学府                   本石 祐輝

            総合理工学府           西尾 陽

        銅賞  工学府                    Islam Mir Shariful

            工学府                    河原 康仁

            生物資源環境科学府  石田 紘一朗

            統合新領域学府    SELYANCHYN Olena

        奨励賞 

  工学府 池田 京
  工学府 松川 祐子
  工学府 辻川 皓太
  工学府 Rahman Md Matiar
  工学府 Tu Hoan Phuc
  工学府 張 馳
  工学府 Zhang Nan
  工学府 Yasir Arafat Hutapea
  総合理工学府 河内 裕一
  総合理工学府 小林 大輝
  総合理工学府 山口 忠則
  総合理工学府 児島 富彦
  総合理工学府 RUI XIAOTIAN
  総合理工学府 RUPAM TAHMID HASAN
  総合理工学府 MD RAUF UL KARIM KHAN
  経済学府 緒方 鞠
  経済学府 鬼頭 みなみ
  理学府 相本 雄太郎
  システム情報科学府 Ahmad Hasan Elsayed Mansour Gendia
  統合新領域学府 田島 正俊

 

 

Associate Professor Hooman Farzaneh of Future Energy Management Research Unit was adapted for the FY2020 research grants by Kyushu Renewable Energy Agency

Associate Professor Hooman Farzaneh of Future Energy Management Research Unit was adapted for the FY2020 research grants by Kyushu Renewable Energy Agency.

Kyushu Renewable Energy Agency, it aims to contribute to the promotion of the spread of natural energy in Kyushu by subsidizing research on natural energy such as solar power generation.

Tytle of Research: Design and development of a low cost highly efficient Microgrid control in Chikushi Campus

 

 

 

Q-PIT フーマン・ファルザネ准教授の研究課題が九州自然エネルギー推進機構2020年度助成に採択されました

太陽光発電等の自然エネルギーに関する研究に対する助成を行うことにより九州の自然エネルギーの普及推進に寄与することを目的とする一般社団法人九州自然エネルギー推進機構が募集した2020年度研究助成に、未来エネルギーマネジメント研究ユニットのフーマン・ファルザネ准教授が採択されました。

研究課題:筑紫キャンパスにおける低コストで高効率なマイクログリッド制御の設計と開発

 

プロトン伝導度を決定する新規パラメータを発見、伝導度予測に成功! ~計算化学によるプロトン伝導性材料開発の加速化に期待~

【Public Offering Restricted to Campus】Q-PIT AY2020 Support Program for Doctoral Students

The Kyushu University Platform of Inter/Transdisciplinary Energy Research (Q-PIT) was established in accordance with the Kyushu University Action Plan. This platform aims to resolve global energy issues in association with promising researchers from various fields, from humanities and social science to natural sciences. Through the resolution of these issues, Q-PIT also aims to create a one-stop solution for energy research and education, and transdisciplinary projects to realize a future energy society that enables sustainable development. As a gateway to success, this program is targeting identification and support of young researchers and doctoral students who will play major roles in future energy research in society.

[Details of Application]
 Projects will be accepted in the following five research areas:
 Area 1: Energy Technology
 Area 2: Energy Systems and Management
 Area 3: Environmental Energy Issues
 Area 4: Energy Economy, Society, and Policy
 Area 5: Other Energy Issues

    [Eligibility and Requirements]
     * Support is available to Doctoral students, as well as Master’s students expected to join doctoral programs.
     * If you have been previously supported by this Doctoral Support program twice, you are not eligible to apply a third time.
     * First-time applicants will be given priority over previous awardees in the case of tied ranking.

[Number of Awards and Amount of Support]
            Gold Award: ~1 (500,000 yen)
         Silver Award: ~2 (400,000 yen)
         Bronze Award: ~5 (300,000 yen)
 Encouragement Award: ~20 (200,000 yen)

[Expenses for Research and Further Education]
 According to the rank of each award, expenses for research and further education will be offered to the laboratories to which the students who receive the award belong.
 Please note that there are no restrictions on the use of research and education incentives, but from the perspective of preventing the spread of new coronavirus infections, efforts must be made to properly execute the expenses under    the supervision of the affiliated laboratory.

[Support Period]  Until the end of AY 2020

[Application Deadline]   1:00PM Monday, July 6, 2020
*Documents must be submitted through the administrative office of the applicant’s department.

[Application Guidelines and Format]
▼Application Guideline AY2020(PDF)
▼Screening Guidelines AY2020(Summery Version)(PDF)
▼(FORM1)“Application Form” [EXCEL]
  (FORM2)“ Research Proposal” [WORD]
  (FORM3)“Application Form of the Applicant’s Department” [EXCEL]
  (to be completed by the administrative staff of the applicant’s department)

[Contact for Application Documents]
      Administrative Office / Kashiwagi
      Platform of Inter/Transdisciplinary Energy Research (Q-PIT)
      E-mail:eneken@jimu.kyushu-u.ac.jp
      TEL: 092-802-6644 (Internal: 90-7196)

   *Please confirm the details in the Application Guideline.

   *There are no support program for Young Researchers this year.

【学内限定公募】令和2年度 エネルギー研究教育機構 博士課程学生支援プログラムについて

  令和 2年 度 エネルギー研究教育機構 博士課程学生支援プログラム

   エネルギー研究教育機構(以下「本機構」という。)は、九州大学のアクションプランに基づき設置され、人文社会科学から自然科学までのあらゆる分野の優れた研究者により地球規模の課題となっているエネルギー問題を克服し、持続発展可能な未来型エネルギー社会を実現するため、学際融合、そしてエネルギー研究教育におけるワンストップ・ソリューションの具現を目指している。
  本プログラムは、未来エネルギー研究の若手登竜門として、未来のエネルギー研究を担う博士課程学生の支援・育成・発掘を目的とするものである。

<プログラムの詳細>
  以下5分野に係る研究課題
  分野①:エネルギーテクノロジーに関する研究
  分野②:エネルギーシステムとマネジメントに関する研究
  分野③:エネルギー由来の環境問題に関する研究
  分野④:エネルギー経済・社会・ポリシーに関する研究
  分野⑤:その他エネルギー問題に関わる分野

【提案資格】
  ・博士後期課程在学者及び博士後期課程への進学を検討する博士前期課程在学者
  ・過去に2回以上採択されていないこと。

【表彰件数】金賞:1件程度、銀賞:2件程度、銅賞:5件程度、奨励賞:20件程度

【研究教育奨励経費】
   表彰された課題について、表彰ランクにより当該学生の所属研究室へ研究教育奨励経費を支援する。
 なお、研究教育奨励経費の使途の制限は設けないが、新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、
 所属研究室の管理・監督の下、適切な経費執行に努めてください。
(金賞:50万円、銀賞:40万円、銅賞:30万円、奨励賞:20万円)

【支援期間】 令和2年4月1日~令和3年3月31日

【申請期限】
  令和2年7月6日(月)13時 ※申請書類は所属部局事務部を通して提出すること

<募集要項及び様式>
  ▼募集要領 令和2年度 募集要領(PDF)
  ▼審査要領 令和2年度 審査要領(要約版)(PDF)
  ▼申請様式
  (様式1)研究提案申請書【EXCEL】
  (様式2)研究提案書【WORD】
  ▼申請登録書 (様式3)申請登録書 【EXCEL】※部局事務部担当作成

【申請書類の提出先及び問合せ先】
   エネルギー研究教育機構支援事務部門研究支援係 柏木
    (内線90-7196)
    (E-mail:eneken@jimu.kyushu-u.ac.jp)

※詳細は募集要領にてご確認をお願いいたします。
※今年度は若手研究者については、募集がありません。

 

 

 

山崎仁丈教授の研究成果がWiley-VCH 社が発行する科学誌 「Advanced Energy Materials」のオンライン版で公開されました。

ありません。

Page
Top