九州大学 エネルギー研究教育機構

お問い合わせ
EN / JP

複相機能開拓拠点ワークショップで多田教授が講演します!

複相機能開拓拠点ワークショップで多田教授が講演します!

エネルギー研究教育機構の多田教授が講演を行う複相機能開拓拠点ワークショップが以下のとおり開催されます。
 14:15~14:30  多田 朋史 (九州大学 エネルギー研究教育機構 教授)
        「第一原理計算と先進アルゴリズムの融合による材料探索と特性予測」
 
開催趣旨、拠点概要、参加方法など、詳細はこちらをご覧ください:
ワークショップ名: 複相機能開拓拠点ワークショップ
副題:MDXを活用した複雑構造の制御による複相電子機能新材料の創出に向けて
日時:11月2日(火) 10:00~17:00
開催方式:現地会議場での参加 および Zoomオンラインのハイブリッド形式
現地開催場所: AP日本橋
オンライン参加: Zoom
参加費: 無料
参加方法: 上記URLをご覧ください
参加登録期限:当日登録、現地のオンサイト参加にもできる限り対応させていただきますが、なるべく11月1日までに事前登録をお願いいたします。

九州大学アジア・ウィークにおいて、Lindner准教授、Lyth准教授、分山准教授が、シンポジウムを開催!

九州大学アジア・ウィークにおいて、Lindner准教授、Lyth准教授、分山准教授が、シンポジウムを開催します。
アジア・ウィークは、姉妹プラットフォームのアジア・オセアニア研究教育機(Q-AOS)が主催しています。
私たちのシンポジウムのタイトルは「アジアにおける温室効果ガス排出量の削減。 新しい持続可能なエネルギーソリューションの紹介」です。
このシンポジウムでは、九州大学およびパートナー機関の研究者が、アジア諸国の低炭素移行を促進する次世代の持続可能なエネルギー技術と政策を一般聴衆に紹介します。
日付と時間: 10月19日(火)10:00〜12:00
方法 :Zoomオンライン
参加費:無料
登録方法:
zoomのログイン情報をご希望の方は、こちらからご登録ください: 

令和3年度 エネルギー研究教育機構 若手研究者・博士課程学生支援プログラム 採択結果について

本プログラムは、未来エネルギー研究の若手登竜門として、未来のエネルギー研究を担う若手研究者・博士課程学生の支援・育成・発掘を目的とするものです。
「エネルギー」に係る人文社会科学から自然科学までのすべての分野を対象として全学での公募を行い、厳正なる審査の結果、採択結果は下記の通りとなりました。

若手研究者枠 採択課題

所属部局 職名 氏名 研究課題名
芸術工学研究院 助教 井上 大介 ATP 駆動型アクティブ流体による高感度バイオセンサーデバイスのデザイン
稲盛フロンティア研究センター 特任助教 兵頭 潤次 構造相転移誘起型プロトン伝導性酸化物における水和熱力学およびプロトン拡散速度論の学理構築
カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 学術研究員 ISLAM MD AMIRUL Pore tailored and surface modified functional adsorbents for selective CO2 capture from atmosphere
カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 助教 Dino Klotz Opto-Ionics – Dynamic Investigation of the Mechanism behind the Increased Ionic Conductivity under Light Illumination
理学研究院 助教 門田 慧奈 バイオマス増産を可能にする高効率CO2吸収型次世代植物の開発
工学研究院 助教 Song Juntae Bio-inorganic hybrid photoelectrochemical system for highly efficient water-splitting
先導物質化学研究所 学術研究員 古澤 将樹 テトラジン系活物質を用いたNaイオン二次電池


博士課程学生 受賞者

受賞 所属部局 氏名 研究課題名
金賞 経済学府 中石 知晃 データ包絡分析を用いた中国石炭火力発電所由来のPM2.5排出量削減に伴う早期死亡者数削減ポテンシャルの推計
銀賞 工学府 小松原 建人 空間情報を用いた高分解能での環境持続可能性評価
銅賞 理学府 宮崎 栞 希土類錯体による高効率電界発光素子開発に向けた発光機構解明
生物資源環境科学府 池永 照美 蚕とアリと人の coworking system
工学府 七條 慶太 太陽光エネルギーを利用した有用化学製品の光触媒的合成法の開発
工学府 辻川 皓太 高濃度アクセプター置換による新規高プロトン伝導材料の探索
工学府 矢野 喜男 応力を視覚認知できる発光性メカノクロミックポリマーの開発
統合新領域学府 SELYANCHY Olena Study of nanocellulose crosslinking with organic acids for improved proton conductivity in bio-based proton exchange membranes
理学府 西郷 将生 Pump-push-probe分光法を用いた三重項三重項消滅アップコンバージョン過程における励起状態ダイナミクス解明
奨励賞 総合理工学府 Marco LAO Combined Desiccant Dehumidification and Dew Point Evaporative Cooling (CoDECS): A Potential Green and Cheaper Alternative to Compressor-based Air Conditioners
総合理工学府 一本杉 旭人 核融合原型炉におけるトリチウム移行シミュレータの構築
経済学府 鬼頭 みなみ ポストコロナ社会における航空産業の2050年炭素排出目標に関する達成経路分析
工学府 河原 康仁 鉄鋼材料における炭素クラスターを介した炭化物の析出機構の直接観察
統合新領域学府 Muhammad Irfan Maulana Kusdhany Data-Driven Design of Porous Carbon for Gas Storage and Separation
工学府 Nan Zhang Theoretical Understanding of Hydrogen Embrittlement Mitigation by Ammonia
統合新領域学府 沈 小烽 金属ドープ型ナノシート色素増感型光触媒による水素製造
総合理工学府 上野 虎太郎 省エネルギー推進のための高強度鋼板開発に関する基礎研究
総合理工学府 Tavoos Hassan Bhat Co-benefits assessment of zero-emission public urban transport strategy in Delhi (India)
理学府 笠 僚宏 光エネルギー変換デバイスの高効率化を目指した有機分子の超長距離励起子拡散
総合理工学府 Chairunnisa Comparative study of activated charcoals and silica gels in dehumidification technology
総合理工学府 陳 伊新 Ca(BH4)2の負極のリシエーション過程における固体電解質自己生成反応
総合理工学府 Yang Zhaosheng Numerical simulation on thermal performance of adsorption heat exchangers with metal foams coated with adsorbents
総合理工学府 岡本 直也 掘削装置搭載型検出器を用いたミュオグラフィによる地中探査手法の開発
統合新領域学府 Enes Muhammet CAN Gas Diffusion Layers with Patterned Wettability for Advanced Water Management in Polymer Electrolyte Fuel Cells
経済学府 松嶋 そら 産業連関表の実質化が構造分解結果に与える影響
経済学府 前野 啓太郎 グローバルサプライチェーンの再構築を通じたCO2排出削減
総合理工学府 徐 祥源 吸着脱着現象を用いた冷凍空調システムに関する研究
理学府 齊藤 圭太 高効率外場応答性粒子により局所駆動されたソフトマターの物性制御
経済学府 吉澤 大佑 電気自動車のライフサイクル分析-ガソリン車規制政策の評価にむけて-
総合理工学府 Yu Hao Development of activated carbon with high water adsorption performance by carbon dioxide and steam dual activation 
総合理工学府 MALEHMIRCHEGINI LADAN Demand Response Modeling Development for Urban Customers in a Smart Grid Electricity Market
理学府 高山 久美 地球大気と宇宙プラズマの遷移領域におけるエネルギー変化の解明

 

        

 

 

受賞者決定しました!宮本淳弌水素研究奨励賞

宮本淳弌水素研究奨励賞(2021年秋学期開始分)、受賞者決定いたしましたのでお知らせいたします。

工学府水素エネルギーシステム専攻 安武 昌浩さん

 

 

Professor Yamazaki’s research results have been selected and published as cover art for ACS Energy Letters!

Professor Yamazaki’s research results have been selected and published as cover art for ACS Energy Letters.
https://pubs.acs.org/toc/aelccp/6/8

 

山崎教授の研究成果が、ACS Energy Lettersのカバーアートとして採用、掲載されました!

山崎教授の研究成果が、ACS Energy Lettersのカバーアートとして採用、掲載されました。
https://pubs.acs.org/toc/aelccp/6/8

 

株式会社松浦重機と北九州市響灘の 沖合洋上風力発電等の視察会を実施致しました。

株式会社松浦重機と北九州市響灘の沖合洋上風力発電等の視察会を実施致しました。

 2021年7月28日(水)に当機構の青木准教授が、北九州市の響灘に於いて、

沖合洋上風力発電などを含むグリーンコンビナート計画を考えるための視察会と

スタートアップミーティングを開催致しました。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。

山崎仁丈教授らによる本研究成果が、米国化学会の国際学術誌「ACS Energy Letters」のオンライン速報版で公開されました!

研究者からひとこと:
1981年にプロトン伝導性酸化物が発見されてから40年経ちましたが、プロトン伝導を示すペロブスカイトは100程度しか見つかっていません。
本手法により、新規材料探索が大幅に加速されることを期待しています。

AI モデルの開発により、たった1 回の実験で新規プロトン伝導性電解質を発見! ~中温動作燃料電池に用いる電解質材料の開発加速化に期待~

山崎仁丈教授らによる本研究成果は、日本時間2021年8月4日(水)に米国化学会の国際学術誌「ACS Energy Letters」のオンライン速報版で公開されました。
研究者からひとこと:
1981年にプロトン伝導性酸化物が発見されてから40年経ちましたが、プロトン伝導を示すペロブスカイトは100程度しか見つかっていません。
本手法により、新規材料探索が大幅に加速されることを期待しています。

【8/6 13時まで】2021年10月開始分【公募】脱炭素エネルギー先導人材育成フェローシップ       

募集期間を2021年8月6日13時まで延長します。
*所属部局の提出〆切は、各自ご確認ください。
■研究奨励金の支給額
  研究専念支援金:年間240万円(月額20万円)
  研究費    :年間上限10万円

■申請資格
  博士後期課程2021年4月入学者及び2021年10月入学見込みの者

■指導教員の研究専念支援金一部負担(20万円/年)を免除する(免除期間は3年間)

 

脱炭素エネルギー先導人材育成フェローシップは、文部科学省が実施する「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」に基づき、我が国の科学技術・イノベーション創出を担うことが期待される九州大学の大学院博士課程の優秀な学生に、研究に専念するための支援金と研究費を合わせた研究奨励金を支給する。

【申請資格】
 脱炭素フェローシップに申請できる者は、次の①から④までの要件を全て満たした者とする。
① 令和3年10月1日において、本学大学院に在学し、次に掲げるいずれかに該当する者(該当する見込みである者を含む。)
ⅰ 標準修業年限3年の博士後期課程1年次相当(在学月数が12ヶ月未満)に在学する者
ⅱ 標準修業年限5年の一貫制博士課程3年次相当(在学月数が24ヶ月以上36ヶ月未満)に在学する者
ⅲ 標準修業年限4年の博士課程2年次相当(在学月数が12ヶ月以上24ヶ月未満)に在学する者
※休学期間(休学期間の合計が6ヶ月以上の場合に限る。)は、在学月数には含まない。
② 令和3年4月1日において、原則として30歳未満(臨床研修を課された医学系分野に在籍した者については33歳未満)の者。ただし、出産、育児等の事情があり指定の年齢を超える場合は、その旨を所定の様式に記載すること。
③ 脱炭素エネルギーに関連し、グリーントランスフォーメーション博士人材育成の主旨に沿った研究に専念することを希望する者
④ 次のいずれにも該当していない者
ⅰ 独立行政法人日本学術振興会の特別研究員として採用されている者
ⅱ 国費外国人留学生制度による支援を受けている者
ⅲ 母国からの奨学金等の支援を受けている外国人留学生
ⅳ 社会人学生(「社会人」とは、給与、賃金、報酬その他の経常的な収入を目的とする仕事についている者、企業等を退職した者及び主婦・主夫をいう。)
ⅴ 他の団体等より奨学金等を受けており、当該団体等以外からの資金援助を受けることが認められていない者

【研究奨励金の支給額】
① 研究専念支援金:年間240万円【月額20万円】
② 研究費(研究活動に資する使途に使用):年間上限10万円
なお、月の中途から研究奨励金の支給を開始する、又は支給を停止する場合の当該月の支給額は、大学が定める基準による。

支給期間】
3年間

【採用人数】
10月開始分は6人程度とする。
(※今回の募集は、2021年4月入学者及び2021年10月入学見込の者が対象となります。)

【申請手続き】
(1)申請期限:令和3年8月6日(金)13時必着 (所属部局の設定する申請期限を必ずご確認ください。)
        所属部局連絡先等不明な場合、【問い合わせ先】までご連絡ください。
(2)申請書類:所属部局事務部を通して以下の書類を電子データにて提出すること。

① 申請書【Wordファイル】
② 研究費調書【Excelファイル】
③ 指導教員推薦書【PDFファイル】※
④ 申請資格チェック表【Excelファイル】
⑤ 公表論文、修士論文等【PDFファイル】

※「指導教員推薦書については、指導教員の自筆署名付きの推薦状を指導教員から直接電子データ(PDF版)で担当係宛に送付すること。(送付E-Mail:iq-kenkyu@jimu.kyushu-u.ac.jp)

募集要項、申請書類の様式①~④は、以下からもダウンロードできます。

1. 募集要項

2. ① 申請書

3. ② 研究費調書

4. ③ 指導教員推薦書

5. ④ 申請資格チェック表

【問い合わせ先】
I2CNER・Q-PIT共通事務支援室 学術支援・渉外グループ 
E-Mail:iq-kenkyu@jimu.kyushu-u.ac.jp   TEL:90-6644、7196

※詳細は募集要項にてご確認をお願いいたします。

ありません。

Page
Top