九州大学 エネルギー研究教育機構

お問い合わせ
EN / JP

宮本淳弌水素研究奨励賞

本奨学金は、故 宮本淳弌氏の遺志により、九州大学の水素研究の発展に寄与することを目的とし、水素研究に関する研究能力が特に優れ、本学の博士課程在学者で研究成果が期待できる者に対して授業料を支援し、学業及び研究に専念させることにより、本学大学院における研究活動の活性化を図るものである。

次回公募(令和5年4月分)は、令和4年12月~令和5年1月公募開始予定です。

◇令和4年10月分申請書類

2021年度受賞者

安武 昌浩

所属 工学府水素エネルギーシステム専攻 博士1年

氏名 安武 昌浩
研究タイトル 低触媒担持・高電流密度作動を可能とする固体高分子形水電解用の一体型アノードの開発
研究概要 水電解によるグリーン水素製造は脱炭素社会への鍵となるが、課題に設備投資費と電力由来の製造コストがある。固体高分子形(PEM)水電解は電解技術中でも高電流密度作動が可能であり、これにより電極面積を削減し、設備投資の削減できる。また酸素発生側の電極(アノード)の反応が律速であり、高価な貴金属触媒が大量に使用される課題がある。本研究では、設備投資費の削減に向けてPEM水電解の高電流密度化と低貴金属化を目的とし、触媒の高活性化と高電流密度作動時の物質輸送の課題を同時に解決できるアノードを開発する。
活動報告等

2022年度受賞者

酒井 彦那

所属 総合理工学府総合理工学専攻(プラズマ・量子理工学メジャー)博士1年

氏名 酒井 彦那
研究タイトル 計測機開発を通じた水素同位体プラズマにおける乱流駆動輸送物理の解明
研究概要 乱流計測機開発を通じて水素同位体プラズマにおける2つの物理現象に着目し、プラズマの閉じ込めに対する包括的な理解を目指す。1つ目は、輸送の改善が報告されているITB(内部輸送障壁)内部における乱流の振る舞いとその輸送への寄与を、実験及びシミュレーションを通じて明らかにするとともに、輸送の同位体効果について議論する。二つ目は、核融合炉で発生するα粒子を模擬した高速イオンにより励起される巨視的揺動と乱流の間の相互作用と輸送の変化について追及する。

NEWS

Page
Top