脱炭素エネルギー先導人材育成フェローシップ 2022年度
4/32

216789contentsfellowtitlenamepage number10111213141516171819202122232425262728[実施責任者 ご挨拶][実施担当者 ご挨拶]九州大学 副学長経済学府経済システム専攻 前野 啓太郎経済学府経済システム専攻 三苫 春香理学府化学専攻Sun Mingxu工学府水素エネルギーシステム専攻Likhith Manjunatha統合新領域学府オートモーティブサイエンス専攻沈 小烽人間環境学府空間システム専攻陳 雨露経済学府経済システム専攻Fan Tianhui工学府土木工学専攻小松原 建人工学府船舶海洋工学専攻渡邊 虎春工学府水素エネルギーシステム専攻Timothee Redarce経済学府経済システム専攻 松嶋 そら総合理工学府総合理工学専攻竹野 慎一総合理工学府総合理工学専攻陳 伊新総合理工学府総合理工学専攻NIE Zifeiエネルギー研究教育機構 教育推進部門 教 授 エネルギー研究教育機構 教育推進部門Selyanchyn Roman 准教授 2050年 カーボンニュートラル実現をけん引する皆さんへhigh-pressure hydrogen environmentControl and Learning-Based Human-Machine Interactive Platform for Driving Behavior Analysis and Air Quality Assessmentbetween human energy conservation awareness and energy conservation behavior環境レジリエント(強靭)なバイオマスエネルギー資源作物の創出production and CO2 conversion: Ab initio calculations and experimentsフェローとともに成長する脱炭素エネルギー先導人材育成フェローシッププログラムQ-ENERGY Fellowship Program: Cultivating the Future Leaders Towards a Sustainable Energy Future佐々木 一成濱島 達也総合理工学府総合理工学専攻Park Hyun-Gyu人間環境学府空間システム専攻何 清怡工学府応用化学専攻Phua Yin Kan生物資源環境科学府資源生物科学専攻 佐藤 稜真統合新領域学府オートモーティブサイエンス専攻Jacqueline Andrea Hidalgo Jiménez統合新領域学府オートモーティブサイエンス専攻Muhammad Irfan Maulana Kusdhany林 灯01グローバルサプライチェーンの再構築を通したCO2 排出削減02インフォーマルセクターの生産活動を考慮したカーボンフットプリントの実証分析03Electrochemical CO2 Conversion to Value-added Chemicals04Addressing fuel starvation based degradation in polymer electrolyte fuel cells05高活性化単層ナノシート色素増感型光触媒による水の完全分解06再生可能エネルギーを利用して室内温湿度を自然調節するPSEシステムの開発07The Impact of Compact Cities on Carbon Emissions08空間情報を用いた高分解能での環境持続可能性評価09アンモニア燃料を考慮した船舶機関室の換気制御に関する研究10Breakthrough of 900MPa barrier of fatigue crack growth resistance in BCC steels in 11住宅建築の包括的なLCA評価フレームワークの開発と実証分析12電子・Li イオン混合伝導性ペロブスカイト型酸化物の探索13水素化物負極における固体電解質自己生成メカニズムの解明14Toward Safe, Smart and Efficient Mobility: Energy-Aware Personalized Autonomous Driving Motion 15高効率な反応を可能にするマイクロ波援用DRM用触媒の開発と反応メカニズムの解明総合理工学府総合理工学専攻16Development of Advanced Computer Simulated Person for Indoor Thermal Comfort 17Development of a building energy simulation tool based on analysis of the relationship 18アニオン伝導膜形燃料電池の材料探索における化学的解釈可能な機械学習の開発19食料生産と共存する脱炭素化の実現: 機能ゲノミクスを基盤とした光合成改変による20High-pressure and high-entropy ceramics as new family of photocatalysts for hydrogen 21Multiscale Data-Driven Engineering of Porous Carbon Materials for Clean Energy Applications

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る