九州大学 エネルギー研究教育機構

お問い合わせ
EN / JP

山崎 仁丈教授の研究活動が、本学HP「Research Close-Up」に紹介されました。

山崎 仁丈教授の研究活動が、本学HP「Research Close-Up」に紹介されました。

 本機構 総合エネルギー教育ユニットの山崎 仁丈教授の研究活動が、本学で行われているいくつかの研究とそれらの研究をリードする研究者たちを紹介する「Research Close-Up」で紹介されました。

 紹介内容につきましては、

新材料を開拓し、次世代エネルギーの実現へ」(日本語HP)

Materializing the future of energy」(英語HP)

 をごらんください。

九州大学学術研究都市セミナーin東京2021で林教授が講演します!

エネルギー研究教育機構の林教授が講演を行う九州大学学術研究都市セミナーin東京2021が以下のとおり開催されます。

本セミナーは、世界的な「知の拠点」を目指す九州大学学術研究都市をPRし、九州大学のプレゼンスを高めるとともに、「持続的にイノベーションが創出される活力ある学術研究都市」の形成に向け、研究機関、企業等の更なる集積や新たな産業創出の促進を目的として開催されます。
 令和3年度は、九州大学が掲げる「総合知」による社会変革をテーマとし、その主な取組みである「脱炭素社会」「医療・健康」「環境保全・食料安全供給」分野の研究、また、人文科学系ではAIの法的研究について広くPRされます。

対象 一般向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2021.11.04 (木) 13:30 ~ 2021.11.04 (木) 18:00
開催場所 キャンパス外
会場名 ハイアットリージェンシー東京、オンライン同時開催(ZOOMを用いた「ウェビナー」)
会場の住所 東京都新宿区西新宿2丁目7-2
定員 先着   100名    ※ オンライン参加
参加費 無料
イベント詳細 13:30~
(1)主催者挨拶
  (公財)九州大学学術研究都市推進機構 
   理事長  貫  正義
(2)九州大学挨拶
   国立大学法人 九州大学                  
   総長  石橋 達朗 
(3)九州大学学術研究都市の紹介
  (公財)九州大学学術研究都市推進機構           
   産学連携主幹  本田 一郎
(4)総論
  「総合知で社会変革を牽引する大学へ」
   国立大学法人 九州大学                 
   理事・副学長  福田 晋 

14:10~
(5)講演
   〇「カーボンニュートラルの実現にむけた低環境負荷型物質変換システムの開拓」
   九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所  
   教授  山内 美穂 
  〇「プレシジョン医療時代におけるがん医療」
   九州大学 大学院 医学研究院 プレシジョン医療学分野  
   助教  宮脇 恒太
  〇「データ・AIをめぐる法的課題」
   九州大学 大学院 法学研究院              
   准教授  成原 慧
  〇「農作物の環境適応から紐解く地球環境変動下における食料の安定生産」
   九州大学 大学院 農学研究院    
   准教授  石橋 勇志
 〇「再エネと水素エネルギーの融合に向けて」
   九州大学 エネルギー研究教育機構 
   教授  林  灯

17:00~
(6)名刺交換会  ※交流会は名刺交換会の形式としました。

「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2021 | EVENTS | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY) (kyushu-u.ac.jp)

公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構 (opack.jp)

複相機能開拓拠点ワークショップで多田教授が講演します!

エネルギー研究教育機構の多田教授が講演を行う複相機能開拓拠点ワークショップが以下のとおり開催されます。
 14:15~14:30  多田 朋史 (九州大学 エネルギー研究教育機構 教授)
        「第一原理計算と先進アルゴリズムの融合による材料探索と特性予測」
 
開催趣旨、拠点概要、参加方法など、詳細はこちらをご覧ください:
ワークショップ名: 複相機能開拓拠点ワークショップ
副題:MDXを活用した複雑構造の制御による複相電子機能新材料の創出に向けて
日時:11月2日(火) 10:00~17:00
開催方式:現地会議場での参加 および Zoomオンラインのハイブリッド形式
現地開催場所: AP日本橋
オンライン参加: Zoom
参加費: 無料
参加方法: 上記URLをご覧ください
参加登録期限:当日登録、現地のオンサイト参加にもできる限り対応させていただきますが、なるべく11月1日までに事前登録をお願いいたします。

九州大学アジア・ウィークにおいて、Lindner准教授、Lyth准教授、分山准教授が、シンポジウムを開催!

九州大学アジア・ウィークにおいて、Lindner准教授、Lyth准教授、分山准教授が、シンポジウムを開催します。
アジア・ウィークは、姉妹プラットフォームのアジア・オセアニア研究教育機(Q-AOS)が主催しています。
私たちのシンポジウムのタイトルは「アジアにおける温室効果ガス排出量の削減。 新しい持続可能なエネルギーソリューションの紹介」です。
このシンポジウムでは、九州大学およびパートナー機関の研究者が、アジア諸国の低炭素移行を促進する次世代の持続可能なエネルギー技術と政策を一般聴衆に紹介します。
日付と時間: 10月19日(火)10:00〜12:00
方法 :Zoomオンライン
参加費:無料
登録方法:
zoomのログイン情報をご希望の方は、こちらからご登録ください: 

山崎教授の研究成果が、ACS Energy Lettersのカバーアートとして採用、掲載されました!

山崎教授の研究成果が、ACS Energy Lettersのカバーアートとして採用、掲載されました。
https://pubs.acs.org/toc/aelccp/6/8

 

株式会社松浦重機と北九州市響灘の 沖合洋上風力発電等の視察会を実施致しました。

株式会社松浦重機と北九州市響灘の沖合洋上風力発電等の視察会を実施致しました。

 2021年7月28日(水)に当機構の青木准教授が、北九州市の響灘に於いて、

沖合洋上風力発電などを含むグリーンコンビナート計画を考えるための視察会と

スタートアップミーティングを開催致しました。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。

山崎仁丈教授らによる本研究成果が、米国化学会の国際学術誌「ACS Energy Letters」のオンライン速報版で公開されました!

研究者からひとこと:
1981年にプロトン伝導性酸化物が発見されてから40年経ちましたが、プロトン伝導を示すペロブスカイトは100程度しか見つかっていません。
本手法により、新規材料探索が大幅に加速されることを期待しています。

高いプロトン伝導性と化学的安定性を兼ね備えた電解質材料を開発~400 度で動作する固体酸化物型燃料電池開発へ前進~

「九州大学エネルギーウィーク2020」を開催しました

エネルギーウィーク2020を1/27(月)より開催します!

 

ありません。

Page
Top