学際融合、そしてエネルギー研究教育におけるワンストップ・ソリューションの創出

ホームイベント

イベント

2017-02-10 「九州大学エネルギーウィーク2017」を開催しました。

2017年1月30日(月)~2月3日(金)の5日間にわたり、エネルギーに関する一大シンポジウム「九州大学エネルギーウィーク2017」を開催しました。

初日は、久保総長による挨拶で開会し、オープニングセッションとして「エネルギーへの大学の貢献」をテーマに国内外で活躍されている研究者による招待講演を行いました。続いて行われたパネルディスカッションでは、最先端のエネルギー研究について活発な議論を交わしました。

2日目は若手研究者や学生によるポスターセッションが行われ、審査の結果、総長賞を小野利和さん、藤﨑貴也さん、二村聖太郎さんが受賞しました。同時に事前に審査が行われた若手研究者・博士課程学生支援プログラムの表彰も行われ、金賞を奥村龍之介さんが受賞しました。表彰式の前には「エネルギー研究教育機構の各ユニット研究構想」をテーマとして、エネルギー研究教育機構の各ユニットの研究構想や活動が説明され、その後若手研究者や海外から招聘した研究者による講演が行われました。

3日目には「エネルギー&次世代電力網における応用数学の挑戦」をテーマに、国内外トップレベルの研究者が一同に会し、講演や研究発表をはじめパネルディスカッション、ポスターセッション等で活発な議論や意見交換を行いました。

4日目は「エネルギーイノベーションを支える産学官連携」をテーマに3つの会場に場所を移し開催しました。筑紫キャンパスでは「エネルギー研究教育機構シンポジウム」、アクロス福岡では「九州水素・燃料電池フォーラム」と「水素先端世界フォーラム2017」、鳥栖では「シンクロトロン光シンポジウム」を開催し、海外の研究者や産業界から講師を招き、それぞれ特色のあるイベントを行いました。

最終日には「エネルギーと産学官連携」をテーマとして産業界や文部科学省から講師を招き、講演や研究発表、パネルディスカッションを行いました。また、終日様々な研究分野のワークショップも催され、多くの研究者、学生等が来場し意見交換を行いました。

連日、国内外で活躍している研究者をはじめ、幅広くエネルギーの研究をしている研究者、学生、産業界、行政関係者等多くの方々が講演や研究発表を行い、5日間を通して約2,000名の参加者が来場し盛会の内に幕を閉じました。

来年も同時期に「九州大学エネルギーウィーク2018」の開催を予定しております。

  • 開会の挨拶をする久保千春総長

    開会の挨拶をする久保千春総長

  • パネルディスカッションの様子

    パネルディスカッションの様子

  • 若手研究者、学生によるポスターセッションの様子

    若手研究者、学生によるポスターセッションの様子

  • ポスターセッション、若手支援プログラム受賞者の皆様

    ポスターセッション、若手支援プログラム受賞者の皆様

  • 講演を聴く参加者の皆様

    講演を聴く参加者の皆様